30代後半 妊活 ストレスの関係

30代後半の妊活とストレスの関係

30代後半 妊活 ストレスの関係

近年、晩婚化が進むにつれて出産をする女性の年齢も高くなり高齢出産になるケースが増えています。

 

 

 

もちろん20代の間に妊娠・出産が出来れば妊娠確率も高く安定した出産が出来ると思いますが、30代を過ぎても妊娠・出産が出来ない訳ではないです。

 

 

 

ただし、女性の卵子というのは加齢とともに働きが低下し、数も減少する一方になりますので年齢を重ねれば重ねる程妊娠確率も下がります。

 

30代後半から妊活をする場合

近頃、30代を過ぎてから妊娠・出産を経験する女性が増えていく中で注目されているのが「30代後半からの妊活」です。

 

 

 

もちろん女性ホルモンの働きの低下、卵子の数の減少など様々な要因から30代を過ぎてからの妊娠・出産にはリスクが伴います。

 

 

 

それに加え、30代を超えてから妊活をする中でストレスも妊活を妨げてしまう要因になるのです。

 

 

 

ストレスを完全に解消する事は難しいかもしれませんが、具体的に妊活にどのような影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

 

30代後半から始める妊活とストレスの関係

晩婚化が進む中、赤ちゃんを授かりたいという余裕が生まれるのも遅くなり妊活を開始したのは30代を過ぎてから…という女性も多いです。

 

 

 

しかし、妊娠確率というのは年齢を重ねる程低下していきますから妊活を始めるのは早いに越した事はありません。

 

 

 

 

25歳〜30代前半までの自然妊娠確率は25%から30%

 

30代後半までで18%

 

40代前半までで5%

 

 

 

自然妊娠を望んでいてもこの自然妊娠をする確率を見て頂ければ分かる通り、30代後半からの妊娠確率はかなり低下している事が分かります。

 

 

 

妊活を30代後半から始めた場合には、自然妊娠をする確率が低くすぐに授かれるものでもない為なかなか妊活が上手くいかずストレスとして考えてしまう方も居ます。

 

 

 

その他、お仕事をされている方なんかはパートナーとの生活に関して時間が合わなくて尚更妊活が上手く進まない事があります。

 

 

 

妊活というのは、年齢が高くなってから始める程パートナーの協力が必要不可欠です。もちろん一人では出来る事ではありませんからね。

 

 

 

ですが、年齢を重ねると妊娠確率も低下していくので30代後半からの妊活は、自然妊娠が出来るタイムリミットまでも時間がなく焦りを感じ、パートナーにもプレッシャーを掛けてしまって妊活に影響が出てしまう事もあります。

 

 

 

パートナーにとってもせっかくの夫婦の大切な時間が苦痛となり、ストレスになってしまいかねません。また、パートナーだけではなく妊活をする本人が夫婦の時間をストレスに感じていては妊活もスムーズに進みません。

 

 

 

ストレスはホルモンバランスに乱れを生じてしまいますから、30代後半からの妊娠・出産を望むのであればパートナーにも協力してもらい安定した妊活を送る事が成功のカギとなります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ