葉酸 種類 目的 用途

葉酸にも種類がある?目的と用途で選ぶべき葉酸とは

葉酸にも種類がある?目的と用途で選ぶべき葉酸とは

妊娠を希望している女性なら一度は耳にした事があると思いますが、「葉酸」という栄養素が赤ちゃんを望む女性と赤ちゃんにとってとても大切になります。

 

 

 

そもそも葉酸は、妊娠初期よりも妊活中の時期から摂取するべき栄養素と言われていますが、正直食事から必要量を摂取するのって面倒ですよね。

 

 

 

そこで「葉酸サプリメント」を活用して頂きたいのですが、実は葉酸には種類があることを知った上でサプリメントを選んでほしいと思います。

 

葉酸にも種類がある

まず、葉酸サプリメントというのは葉酸という栄養素を凝縮してサプリメントやカプセルなどに加工された物です。

 

 

 

葉酸にも実は種類があって大きく分けると2種類となり、「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」となります。

 

 

 

同じ葉酸と言っても特徴がありますので、それぞれの特徴について解説していきましょう。

 

 

 

ポリグルタミン酸型葉酸とは?

これは果物や野菜などに含まれている葉酸で、別名を「天然葉酸」と言います。

 

 

モノグルタミン酸型葉酸とは?

こちらは人工的に作られた葉酸となります。別名を「合成葉酸」とも言います。

 

 

 

要するに葉酸は「自然の食品から摂取出来るもの」か「人工的に作られたもの」に分かれる訳ですが、普通に考えると自然の食品から摂取出来るものの方が良いと思いますよね?

 

 

 

しかし、吸収率の高さを見れば実はモノグルタミン酸型葉酸の方が良いというデータがあるんです。一般的に自然の食品から摂取する事が出来るポリグルタミン酸型葉酸は、体内に吸収される割合が約50%程と言われています。

 

 

 

一方で人工的に作られた葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸は、体内に吸収される割合が約85%程と言われています。ちなみに葉酸を手軽に摂取する為に活用して頂きたい葉酸サプリメントに用いられている葉酸は、「モノグルタミン酸型葉酸」がほとんどです。

 

 

 

少しでも体内に吸収される割合が高い葉酸を摂取した方が効果的なのはお分かり頂けますよね?

 

葉酸は1日にどれくらい摂取するべき?

葉酸は食品から摂取するよりもサプリメントから摂取する方が効率良く体内に摂りいれる事が出来る事はお分かり頂けたかと思いますが、具体的に1日に摂取するべき量は知っていますか?

 

 

 

厚生労働省が定めているのが「通常の食事の中で摂取する葉酸に加え、いわゆる栄養補助食品から1日で400μgの葉酸を摂取すべき」というものです。

 

 

 

上記で挙げた通り食品から葉酸を摂取しようとしても体内への吸収率は約50%とかなり低く、必要量まで足りなくなる事がほとんどだと思います。

 

 

 

そこで、栄養補助食品にあたる「葉酸サプリメント」を服用する事で体内への吸収率が約85%で効率良く体内に葉酸を摂りいれる事が出来ます。

 

 

 

妊娠前から服用出来れば一番ですが、妊娠初期にも葉酸の摂取をすれば赤ちゃんの成長をサポートしてくれる働きもしてくれますから積極的に摂取したいですね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ