30代後半 妊活 赤ちゃん ベビ待ち

30代後半からの妊活!赤ちゃん欲しい!

赤ちゃんを授かるために

現代社会の最前線で活躍している女性が増えている中で、初めての妊娠・出産を経験する年齢が高くなっている現状があります。

 

 

 

しかしながらご存知の通り女性は年齢が高くなるにつれて、妊娠する確率が低下してしまいます。

 

 

 

つまり、望んだ時に必ずしも妊娠が出来るかどうかは定かではありません。

 

 

 

まだ赤ちゃんはいいかな。。と、結婚当初は夫婦の時間を大切にすることは当然のことですが、いつしか時間に追われる生活の中で「赤ちゃん欲しい」ことが置き去りになってはいませんか。

 

 

 

そこで30歳を超えてから妊娠を望む方に向けて知っておくべき「妊活」のポイントについて解説していきます。

 

あなたは妊活をしていますか?

 

 

 

まず、初めてご結婚をされた年齢が若くてもそうじゃなくてもいずれはお子さん、赤ちゃんを授かりたいとお考えを持っていることだと思います。

 

 

 

しかし、赤ちゃんは望めばすぐに授かる事が出来る訳ではありません。まず覚えておいて頂きたいのが「妊活」という言葉です。

 

 

 

妊活というのは、赤ちゃんを授かりたいと考えられている女性が少しでも妊娠をする確率を上げる為に活動する事をいいます。

 

 

 

この妊活は妊娠を望んだ時に開始している方が多いですが、出来ればなるべく早く開始をしておいた方が良いかと思います。つまり事前準備を含めて妊活するということです。

 

 

 

女性の体内にある卵子は無制限ではなく加齢と共に減少していきますので、妊娠をする確率が低下してしまいます。

 

 

 

お仕事が毎日忙しかったり、家事に追われていたりとなかなか妊活が思うように出来ないという方もいらっしゃると思いますが、30歳を過ぎてから妊活を開始しても、もしかしたら自身の妊娠力が低く上手く妊娠が出来ない可能性があるということです。

 

 

 

まずは妊活を始める前に大切なのが、自身の妊娠力がどれぐらいのものなのかを知っておかなくてはいけないという事です。これは人それぞれ違うので他の方と比べても仕方ありません。

 

 

 

あくまでもあなた自身がどうなのかということを知ることから始めるということです。実際、いざ赤ちゃんを授かりたいと考えて妊活を始めたのは良かったものの、自身に問題があれば妊活も上手くいかない場合があります。

 

妊娠力とは?

妊娠力というのはその名の通り、その人にどれだけ妊娠をする準備が出来ていて妊娠をする力がどれ程備わっているかをチェックする為のポイントです。

 

 

 

なかなか妊娠が出来ず思い悩んでいたら実は子宮・卵巣に病気を抱えていた…などといったケースもありますのでまずは、妊活を始める前に妊娠力をチェックしてみましょう。

 

 

 

・?生理周期が不規則である

 

・生理中の出血量が極端に多いもしくは少ない

 

・生理痛が酷い

 

・性感染症にかかった事がある

 

 

 

上記の内3点以上当てはまる場合には、子宮や卵巣に何かしら病気を抱えていたり問題がある可能性が高いと思われます。

 

 

 

一度産婦人科を受診し検査を受けても良いと思います。実際自分の中では妊活をしているつもりでも、この妊娠する為に必要となる力がどれだけ備わっているかで妊活の進行状態も変わります。

 

 

 

なので、最初にすることは現状の妊活力を把握することです。

 

 

 

そして現状を知ってから妊活のために生活習慣の基本の見直し、適度な運動、ストレスを上手に発散する方法など色々改善しなくてはいけない部分があります。

 

 

 

あくまでも目安ではありますが自身の妊娠力に問題がないかどうかを改めて見直し、妊活をスムーズに行えるようにすることがまず最初の一歩になるわけです。。

 

30代後半からの妊娠確率。のんびりしてはいられない。

日本だけではなく現代社会では女性も社会に出てバリバリ働かれている方がとても多い状況です。

 

 

 

男女ともに仕事をしている夫婦が増えている状況により結婚や妊娠の年齢にも変化が見られるようになりました。

 

 

 

以前は高齢出産として一般的に知られていた年齢は「35歳以上の方が出産する場合」だったと思いますが、今は産婦人科においても高齢出産として認識されるのは「38歳以上の方が出産する場合」と言われており年齢がすこしたかくなりました。

 

 

 

つまり、もう30歳を過ぎてしまったから妊娠・出産は難しいという事はないんです。中には仕事に励んでいる内に妊娠や出産のタイミングを逃してしまった女性も多いでしょう。

 

 

 

ただ、覚えていて頂きたいのが望んだときにすぐ赤ちゃんを授かることが出来るとは限らないという事です。今回は30代後半から妊娠する確率や、30代後半からの妊娠する事が難しいと言われている理由について詳しくご紹介していきます。

 

 

 

妊娠確率が年齢と共に低下していく理由とは?

実は卵子というのは次々と作られている訳ではなく、既にお母さんのお腹の中に居る時・・つまり「胎児」の時から作られていてなおかつ個数も決まっています。

 

 

 

胎児20週目くらいになると約600万個から700万個の卵子が体内に作られています。

 

 

 

しかし、お母さんのお腹の中から生まれてくる時にはなんと約200万個まで数が減少してしまいます。そして初めて月経を迎える頃には体内に残った卵子は約30万個まで減少しているようです。

 

 

 

月経の際に排卵される卵子の数は1個ですが、未熟な卵子はどんどん消えていってしまう為、卵子は生まれる前からどんどん減っていってしまっているんです。

 

 

 

さらに年齢を重ねていく中でも卵子の数は減少していきますから、45歳の頃には数千個にまで減っているといわれていますのでかなりびっくりするのではないでしょうか。

 

 

 

女性の妊娠出来る確率が35歳を境目に急激に低下してしまうということはこのようなことがあるからです。お分かりかと思いますが妊娠する為には男性の精子と女性の卵子両方が必要ですから、卵子の数が減っていくと妊娠する確率はどんどん低下するということになります。

 

 

 

妊娠する確率を上げるために実施したいこと

もちろん30歳を越えたからと言っても妊娠が絶望的な訳ではないので諦める必要はありませんが、のんびりしているとその間にも卵子の数は低下してしましますので妊娠する確率を上げる為に出来ることはしておくことが大切になります。

 

 

 

まず手短にできることは、「生活習慣の見直し」です。特に社会に出てバリバリ働いている方は夜遅くまで働いていたり、食生活も乱れてしまっていたりしている方も多いでしょう。

 

 

 

仕事と家事の両立でストレスを抱えていると体にもよくありませんので、上手にストレス解消をするのも大切です。なかなかすべてを改善することは難しいでしょうが、少しずつでも改善することが確率を上げることになるので頑張るしかありません。

 

 

 

また、基礎体温の高さも妊娠する確率を上げる為には重要です。常にパソコンに向かって座りっぱなしの時間が長い方はたまにでも良いので適度な運動をするように心がけてみましょう。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ